カードローンの申込み方と注意点

カードローンとキャッシングは、どのように違うのでしょう。元々カードローンは、借りたお金を分割で返済するもの、そしてキャッシングは、一括で返済するものをさしていました。しかし今では、キャッシングであってもほとんどが分割返済であるため、両者の区別はあいまいになっています。

ですからキャッシングと呼ばれる商品も、事実上はカードローンと考えておくといいでしょう。このカードローンを申込むには、本人確認と収入証明、この2つが必要になります。申込みは基本的に、名義人本人でないとできません。

ただし専業主婦が、配偶者名義で借りる場合を除きます。また収入証明は、返済の裏付けになる収入があるかどうか、それを証明するために必要になります。勤めている時は給与明細、自営の人は確定申告書のコピーを持参しましょう。

最近は、収入証明なしで借りられるところもあります。それから50万円くらいまでのカードローンであれば、連帯保証人や担保は不要です。もっともローンの延滞、あるいは債務整理などで、信用情報にブラックがあった場合は、審査に通らないこともあります。また本人確認と収入証明以外が必要という会社は、違法業者の可能性が高いので、利用するのはやめた方がいいでしょう。