キャッシングの本人確認は書類の提出で

キャッシングの審査で必要となるものが、運転免許証や健康保険証などの身分証明書です。希望する限度額が多い場合のみ提出が必要になる収入証明書類とは違い、本人確認書類は希望限度額が少ない場合でも必要となります。そのため、申込み手続きを始める時には手元に用意しておくことがおすすめです。

有効となる本人確認書類は、業者によって異なることもあります。運転免許証やパスポート、健康保険証のようにどこの業者でも有効な身分証明書を所持していない場合は、まず有効な書類を確認しておくことがおすすめです。そして、運転免許などを持っている場合でも、記載されている住所が現住所になっているかなどの確認をしておくことが大切です。住所が異なる場合は、現住所を証明する納税証明書などの書類の提出が必要となります。