キャッシング審査落ちしたら冷静になりましょう

キャッシング審査に落ちてしまった場合には、焦ってすぐに次の金融業者へ申込みをしがちですが、一旦冷静になる必要があります。なぜ審査落ちをしてしまったのか、原因を突き止める前に次の申込みをしても、同じ結果となりかねないからです。

申込みから間もなく本人確認電話が鳴る前に審査落ちしてしまったならば、属性情報を基にしたスコアリング審査の段階で否決されている可能性が高いです。スコアリング審査落ちが原因ならば、簡易審査を行っている金融業者のサイトで審査通過見込みがあることを確認してから次の申込みをすると良いでしょう。

スコアリング審査では、カードローン商品ごとに足切り審査を行なう基準が異なるので、簡易審査が参考になると考えられます。

一方、本人確認電話で申込意思確認まで済ませていながら審査落ちとなった際には、個人信用情報機関へ登録されている信用情報と申込時に入力した情報に相違があるか、登録されている信用情報に問題があると考えられます。

審査落ちした金融業者が加盟している個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行えば、登録されている内容が分かるので、勤務先情報や他社借入状況を確認して、総量規制に抵触していないか調べてから次のカードローン申込を行なうと良いでしょう。