レイクのカードローンは総量規制対象外

ノンバンク系のカードローンは、即日融資に対応しているなど、利便性が高いというメリットがある一方で、2010年に施行された総量規制の対象となっているため、年収の3分の1を超える借り入れができないというデメリットがあります。利便性の高い商品として多くの人に利用されているカードローンの一つとしてレイクのカードローンが挙げられますが、かつては消費者金融系のカードローンを扱っていた同社は、現在は新生銀行のカードローン取り扱い機関となっており、レイクのカードローンは銀行系カードローンという扱いのため、なんと総量規制の対象外カードローンとなっています。

もちろん、レイクのカードローンは最短で即日融資に対応していますし、一定期間無金利でキャッシングができるサービスもあるので、利便性が高い総量規制対象外カードローンをお探しの方におすすめです。