総量規制の対象外になるのは

銀行のカードローンは、銀行が貸金業者ではないため、総量規制の対象外となる、と言われてきました。

そのため、銀行カードローンで総量規制以上にお金を借りてしまう人がいて自己破産するパターンが多く、問題となってしまったのです。

これによって銀行も総量規制の対象外とはいえ総量規制以上にお金を貸すのは自主的に規制するという動きが出てきました。

実際、三大メガバンクでは、年収の三分の一以上はお金を借りられなくなっています。

では、今でも総量規制の対象外となり総量規制以上にお金を借りることができるのはどこでしょうか。

それは、消費者金融での総量規制の例外として、返済を楽にするためだけの借り換えであれば可能となっています。

つまり総量規制以上の借り入れは、借金地獄から抜け出すための策としてだけであればできるのです。