過去の借り入れがローン審査に影響するのが怖い!事故情報が無ければ問題無い!

消費者金融のキャシングについては、未だに悪いイメージを持っている方がいます。一度でも利用した経緯があれば、その後のローン審査に影響を受けると考えます。しかし、消費者金融の利用については、個人信用情報機関に登録されるものの、与信アップに繋がりマイナス要素がありません。あくまで、影響を受けるのは利用中に返済を延滞したという情報であり、契約や解約といった情報でマイナス評価にはなりません。

ただし、契約したままにすることは、将来的に借り入れを増大させるといったリスクが残るため、与信は悪くなってしまいます。基本的には、マイナスの情報が無ければ、その後のローン審査において、消費者金融を利用したことは問題にならないと考えるのが重要です。近年では、銀行カードローンの保証委託先が、消費者金融やクレジット会社などの貸金業者ということもあり、消費者金融の利用はマイナスにはなりません。