キャッシングで限度額が決められている理由について

キャッシングは必要な時に手軽にお金が借りられるサービスとなっていることもあり活用している人も多いと思います。そんな便利なキャッシングですが借り入れ可能な金額には限度額が決めらているのはご存知だと思います。しかし、なぜ限度額が決められているのでしょうか?

キャッシングの限度額は基本的にその人の年収によって決められています。この年収によって借り入れ額を制限する仕組みは「総量規制」と呼ばれており、貸金業法という法律によって定められているのです。その為、基本的にはキャッシングでは自分の年収の3分の1を超える金額を借り入れることは出来ず、例えば年収が300万円の人だと100万円までしか融資を受けることが出来ないのです。

しかし、総量規制には例外規定も存在しており、生活を送っていく上でどうしても必要となる借り入れや、担保による保証付きの借り入れであれば、総量規制の例外・除外として借り入れが認められるケースもあります。
そもそも総量規制は過度な借り入れによるトラブルを防ぐ目的で定められたものですので、キャッシングの利用者を過度に締め付けたり、返済の見通しのある融資までを禁止する為の規制ではないので安心して下さい。