キャッシング 商品別の返済方法

キャッシングやカードローンの返済方式って残高スライド元利均等定額リボリビング返済方式が主流ですよね。

殆どの会社がこの方式を採用しています。しかし、キャッシングの商品によっては別の返済方法があるってご存知でしたか?

その商品とは消費者金融が行うかしきんきに基づくおまとめローンの商品です。消費者金融のおまとめローンは、2年から最大10年などの期間を決めて、その期間毎月決まった金額を返していく元利均等定額方式が採用されています。

なぜこの様なルールになっているかというと、特に法律や貸金業協会の自主ルールで取り決めがあるわけでは無いのですが、お金があるときだけに返済すればいいといったスタイルの残高スライド元利均等定額リボリビンク返済方式では返済が滞ったりシマスコので面倒くさいからです。

それとは別に、銀行カードローンでは、教育ローンや住宅ローンなどの従来の方法ローン以外では元利均等定額方式を採用しているカードローンは、主だったところでは無い様です。

これはなぜかと言うと、おまとめローン自体が普通の使途目的自由の銀行カードローンに統合された事から、ワザワザ返済方式に区別をつける必要が無くなった為と思われます。

いつもと違う商品を利用する時は、その違いを気をつけてみて下さい。