中小消費者金融で契約時に根掘り葉掘り聞かれるのは何故?

銀行や大手消費者金融のキャッシング契約では、所定のフォームに情報を入力するだけとなり、基本的には細かい情報まで聞かれることがありません。しかし、中小消費者金融の場合、対面での審査や契約となると細かい情報を根掘り葉掘り聞かれることがあります。その結果、個人情報を細かく聞かれ、不安に思ってしまうこともあります。しかし、中小消費者金融は銀行や大手消費者金融に比べると資本力は非常に少なく、貸倒となった場合の損害は大きくなってしまいます。

そのため、顧客情報を細かく確認し、融資リスクの大小を判断しています。基本的には独自基準となり、大手では借り入れし難い職業属性の方でも収入面が安定し、生活状況も安定していれば少額でも融資が受けられることもあります。その逆としていくら収入が高くても浪費癖のある人はヒアリングから分かることもあり、融資を断られることもあります。中小消費者金融は銀行や大手よりも実質的には顧客情報を確認し、その情報から信用を判断します。