総量規制はどうやって守られているの?

キャッシングの審査では必ず総量規制に適合しているかの審査も行われます。この総量規制の審査は貸金業法の義務であるため、貸金業者や信販会社の裁量で省略するということはできません。どうしても避けることはできない制限なのです。

総量規制を実質的に守らせるため、各キャッシングには利用者の収入を調査する義務が課せられています。この収入の調査に使われるのが、給与明細や源泉徴収票などの収入証明書です。消費者金融では必ず50万円を超える融資を希望するとき収入証明が必要である、と明記されています。これは総量規制を守らせるための法律によって義務付けられた収入調査なのです。

しかし、キャッシングのなかには「300万円まで原則収入証明不要」などとしているものもあります。50万円を大幅に超えているのに収入証明が不要なのかおかしいと思われる方もいるでしょう。ですが、これは合法です。こうした高額の融資についても収入証明を不要としているのはどこも銀行のキャッシングのはずです。

銀行は総量規制が適用されないため、前述の調査義務も課せられていないのです。そのため、独自の審査基準として300万円までは収入証明不要、としているわけです。このように収入証明不要な融資金額を高く設定できるのも、対象外の銀行キャッシングの強みといえるでしょう。