消費者金融の審査に落ちて契約する事が出来ない理由は?

生活費が足りなくなった時は消費者金融でキャッシングをして対応する人が多いですが、中には審査に落ちて契約する事が出来ない場合もあります。それで金欠の状態を解消する事が出来ないので困ってしまいます。消費者金融の審査に落ちて契約する事が出来ないのはどのような理由が考えられるのか見ていく事にしましょう。

・返済能力がないと判断される

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。それでキャッシングをする時は安定した収入を得ている事が条件となっています。不定期に収入を得ていたりすると返済能力がないと判断されて審査に落ちて契約する事が出来ません。

・他社借入件数が多い

消費者金融は他社借入件数が3件以下というのも利用条件になっています。それで他社借入件数が4件以上あると審査に落ちて契約する事が出来ません。また他社借入件数が3件以下でも借入総額が多いと審査に落ちて契約する事が出来ない場合もあります。

・信用情報に問題がある

過去の金融取引で問題を起こしていると信用情報に金融事故として履歴が残ってしまいます。消費者金融では審査で信用情報の履歴をしっかり確認するので問題があると契約する事が出来ません。