奨学金を借りていると、契約は出来るの?

親世代の所得の低下により、奨学金に頼って進学する方は非常に多いと考えます。奨学金は社会にでた時点から高額な負債となるため、各種ローン契約が出来るか不安を感じている方もいます。
では、奨学金を利用しているからキャッシング契約はどうかというと、可能というのが答えです。

日本学生支援機構では、個人信用情報機関に情報の提供と登録はされるものの、あくまで3ヶ月以上の延滞があった場合だけです。
つまり、延滞や債権譲渡といったことが無ければ、奨学金を利用していることがデメリットにはなりません。また、奨学金の借入内容自体の情報が登録されていません。
そのため、就職後にどうしても借り入れが必要な場合でも、返済能力を有していれば良いだけになります。 

ただし注意しなければならないのは、個人信用情報に奨学金の借入金額が無いため、過剰な融資や借り入れになってしまう可能があります。
そのため、高額な利用限度額を提示されたとしても、自分自身の返済能力に見合った限度額とすることが重要になります。
特に奨学金は、毎月の返済額が大きくなりがちな為、キャッシングローンの返済額は預貯金に回せる金額と考えておくことが、返済不能にならないためにも大切なことになります。